元メンバーの麻雀戦術と打ち方講座

元メンバーの麻雀講座と独り言

ばっしー#5

f:id:TCCdesu:20210905020553j:plain


今回もU-NEXTパイレーツ所属、石橋信洋プロが登場した「麻雀の匠 石橋信洋#5」の内容に沿ってお送りします。

ネタバレが嫌な方は、先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/0RytbXhE9Mk


前局は親の石橋さんが12300点をアガりました。

二萬三萬四萬四萬赤伍萬四筒赤五筒六筒六索六索 ロン六萬 ポン東東東 ドラ九筒東家手牌

今回は東三局二本場、東家の石橋さん目線で進めていきます。

点棒状況は

東家 46300 石橋さん

南家 45000

西家  1700

北家  7000

点数を見ると、東家対南家のトップ争い、西家と北家の三着争いをしている構図が見えます。

ここで誰にとっても、当面のライバルを突き放すようなアガリが欲しい所です。

親以外の三者は、これ以上親の連荘をさせたくない、親は連荘を続けながらアガリを重ねたい。

そんなテーマを持って今局に臨んでいると願います。


石橋さんの配牌は

四萬六萬七萬一筒四索五索五索八索八索南南西北 ドラ白東家配牌

配牌から見ると、このままメンゼンで手組すると、役なしリーチになる予感がします。
ここからタンヤオにするとなると一筒南南西北が不要で全部切るにも最低五巡が必要になります。

ツモの半分が有効牌(手牌で使える牌)だったとしても5×2=10巡かかることになり、これでは他家のテンパイスピードより遅くなるかもしれないのが見えているわけです。

あるいはピンフ狙いにしても、頭候補は八索八索南南の2つあって頭は足りている計算になります。

ピンフ狙いの場合、六萬七萬で1ブロック、四索五索五索で1ブロック、四萬八索八索にくっつけて2ブロック、南南が頭としても、くっつきに時間がかかりそうで、ピンフ狙いでもテンパイスピードが遅くなるだろう、というのは推測できるわけです。

そうなると役なしリーチ前提でメンゼンなら手組することになりそうです。
鳴きを入れるにしても、タンヤオには最低5巡かかり、役牌もまだ持っていません。

あとはトイツが四組以上になったら、チートイツを意識し始めます。

では、石橋さんの手順を見てみましょう。

ツモ八萬 打一筒

ツモ八筒 打北

ツモ二萬 打西

ツモ南 打八筒

ツモ二萬 打五索

ここで石橋さんが五索を切る前がこの手牌

二萬二萬四萬六萬七萬八萬四索五索五索八索八索南南南 ドラ白東家5巡目手牌

打ち手によってはツモり三暗刻を考える所ですが、リャンメン受け固定の打五索とします。

もしこの後六萬七萬八萬のどれかがトイツになったりすれば、チートイツを考えたり、五索切りの所を四萬四索のどちらかにするのが良かったとなるわけです。(トイトイや三暗刻狙い)

あるいはどうしても満貫が必要な場面であれば、リーチ・ツモ・三暗刻の満貫をアガリにいく選択もあります。

石橋さんの手順に戻ります。

ツモ赤五筒 打四萬

ツモ七索 打八索

ツモ中 ツモ切り

ツモ九索 打赤五筒リーチ

で、テンパイした石橋さんはMリーグで見せたものとは種類は違いますが、赤五筒切りリーチ。

その手牌は

二萬二萬六萬七萬八萬四索五索七索八索九索南南南 ドラ白東家手牌

オタ風アンコのアガって2000点の役なしリーチです。

場を見ると、当たり牌の三索六索がすでに三枚も切られていて、残りは五枚。

残り五枚のうち、他家が何枚持っているかは不明ですが、リーチ前から待ちが少し減っていることに違和感があります。

その後

ツモ七筒 ツモ切り

ツモ九萬 ツモ切り

ツモ二索 ツモ切り

ツモ七筒 ツモ切り

ツモ北 ツモ切り

ツモ八筒 ツモ切り

ツモ九筒 ツモ切り

ツモ四筒 ツモ切り

ツモ四萬 ツモ切り

と石橋さんはツモ切りを繰り返し、親の一人テンパイで流局しました。

他家の手牌は

伍萬伍萬六萬七萬三筒六筒六筒八筒一索三索四索六索白 南家手牌

赤伍萬八萬二筒二筒三筒三筒六筒六筒六索東東南白 西家手牌

三筒一索二索三索赤五索六索七索八索九索九索九索東白 北家手牌

手牌を見るとわかりますが、残り五枚の三索六索はすべて他家の手牌にありました。


全員の捨牌は

一筒北西八筒五索四萬
八索中赤五筒七筒九萬二索
七筒北八筒九筒四筒四萬 東家捨牌


九筒北東發發七索
九萬三萬中西七筒四萬
西三萬一筒西四筒四筒 南家捨牌


九萬一索六索三索四萬二萬
七萬八索北五索五筒二萬
一筒八筒九筒九筒四筒 西家捨牌


八萬中一萬一索三萬伍萬
七筒三索發五筒五筒二筒
三萬一萬二筒二索一萬 北家捨牌


今回のまとめ

・配牌から役ありになるかどうかはある程度判断ができる

・ツモ牌の傾向からリャンメン受け、シャボ(シャンポン)受けを決める(トイツ系手役になる時はトイツかアンコだらけになる=リャンメン受けにしない、など)


麻雀ランキング

けんちゃん#10

f:id:TCCdesu:20210620142506j:plain

今回も赤坂ドリブンズ所属・園田賢プロの登場した「麻雀の匠 園田賢#10」の内容に沿ってお送りしています。

ネタバレが嫌な方は、先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/S_SrE4kXBvg

今回の動画のタイトルが「オーラス!自分が頑張らなくても良いよね」となっています。

四家の点棒状況が

東家 22700

南家 12500

西家 20400

北家 44400 園田さん

とダントツの点棒状況で、親以外二人への満貫放銃でも振りトップ(放銃してトップのこと)、ラス目の南家に跳満放銃でもトップになれます。

他家が二着争いで競っている状況であれば、アガリを他家にまかせて、自分がアガリに向かう必要はない状況だとも言えるわけです。

場合によっては他家の安手にわざと放銃して半荘を終わらせたり、他家の鳴きへアシスト(役牌を鳴かせたり、急所を鳴かせたり)する選択も出てくるのを意識しておきましょう。

鳴いてくる相手をリーチ者と対決させて自分は高みの見物を決め込むこともできるわけです。


では店長、今夜は早アガリで。
お疲れ様でした~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!




















とはなりませんよね。。
話を戻します。

前局は下家が満貫をツモアガリしました。

二萬三萬四萬赤伍萬伍萬六萬七萬八萬一筒二筒三筒六筒七筒 リーチツモ五筒 ドラ七索 裏ドラ一筒下家手牌

リーチ・ツモ・ピンフ・赤・裏の2000-4000


南四局・北家の園田さん目線で進めていきます。

その配牌は

三萬七萬八萬一筒三筒三筒六筒五索六索八索南西北 ドラ五索北家配牌

で、七萬八萬で1ブロック、五索六索で1ブロック、三筒三筒が頭の予定で残りの三萬六筒にくっつけて2ブロックか、五索六索八索七索を引いてきて四索七索六索九索をくっつければ2ブロックになります。

南北が役牌でどちらかをトイツにしてポンやアンコになればアガリを考えます。

配牌から最初に見えるのはピンフで、六萬引きならタンピン、役牌を重ねた2000点になる方向も考えておきましょう。

ガリ形の例は

二萬三萬七萬八萬九萬三筒三筒六筒七筒八筒四索五索六索 リーチロン一萬 ドラ五索

七萬八萬九萬三筒三筒六筒七筒五索六索七索 ロン八筒 ポン北北北

先ほど言った通り、親以外の他家が鳴いたりリーチが入れば、満貫までなら放銃してもいいくらいの気持ちでいましょう。(ドラが何枚も見えたり赤が見えると高くないとわかる時もある)



では、園田さんのツモと捨牌を見ていきましょう。

ツモ四筒 打一筒

ツモ伍萬 打八索

ツモ二索 ツモ切り

ツモ北 打五索

と園田さんはここでドラ切りするわけですが、さすがにリャンメン受けドラ入りターツは切りません。
放銃を回避するだけなら切る選択もありますが、これがポンされると食いタン(鳴きタンヤオ)ドラ3や役牌ポンドラ3のようなアガリも考えられ、親にポンされるのが最悪の展開になります。

ツモ四筒 打六索

ツモ六萬 打南

ツモ赤伍萬 打六筒

ツモ一索 ツモ切り

この直後、九巡目、親からリーチが入ります。

その捨牌は

九萬西九索三萬八筒六萬
五筒發二筒東家捨牌


この捨牌のうち、手出しが九萬西三萬八筒六萬五筒二筒で、八筒より先に三萬が切られていて、三萬が孤立牌の可能性が高くなり、リーチ宣言牌が二筒であることから、少なくとも三筒四筒のどちらかは持っていて、八筒切りを少し引っぱっていることから六筒七筒のどちらかは少なくとも持っている形、その上でくっつきにも優秀な五筒が不要になっていることから、メンツが完成している可能性が高くなり、ピンズが横に伸びた形なんじゃないかと仮説を立てることができます。


リーチ後、園田さんは安全牌を切って放銃を防ぎながら三巡が経ち、対面からドラ五索を切ってリーチしますが、この宣言牌が下家にロン。

下家の手牌は

三筒三筒四筒五筒六筒二索二索二索四索五索六索六索七索 リーチロン五索 ドラ五索 裏ドラ九筒東家手牌

リーチ・タンヤオ・ドラ2の12000点でした。


他家の手牌は

二萬三萬六萬六萬七萬八萬九萬六筒七筒八筒三索四索赤五索 南家手牌

リーチ・ピンフ・赤・ドラの満貫テンパイで

三萬赤伍萬伍萬六萬七萬八萬三筒三筒四筒四筒五筒北北 北家手牌

園田さんの手はイーペーコーもあるイーシャンテン止まり。

この親リーチの前に、不気味な捨牌の上家がいました。

二筒伍萬七萬赤五筒四索二萬
六索四筒 西家捨牌

二筒伍萬七萬赤五筒から中張牌(マンズ・ピンズ・ソーズの2~8のこと)だけが切られていて、一見、ソーズのホンイツかと思わせて次巡に四索切りでソーズのホンイツでもなさそうです。

19字牌が切られず、チャンタにしては二筒七萬の切り出しが早いです。

となるとチートイツやホンロウ、あとは国士無双あたりの可能性が考えられます。(字牌がほとんど切られてなければ字一色も)

実際の西家の手牌は

一萬一萬九萬九筒一索一索七索九索東白白發發 西家手牌

と、国士無双とホンロウ・チートイツと白發ポンでホンイツチャンタ・白・発にも構えられる手牌でした。

中張牌から切られる捨牌では最も高い手で国士無双の可能性がありますが、国士に必要な一萬九萬一筒九筒一索九索東南西北白發中のうち、どれか一種類の四枚目が見えた時、アガリの確率は0になります。(テンパイまで)

国士をアガらせたくなければ、四枚目の牌を見つけて切らなければ、相手の国士を防ぐことだってできます。


親の12000アガリで連荘、次回・一本場で親続行です。トップ目の園田さんと親の点差が9700点で、トップ逆転まで見えてきました。
見ているだけなのに、少し不安な自分がいます。

今回のまとめ

中張牌(2~8)ばかりの捨牌には国士無双、ホンロウ、チートイツ、チャンタなどの可能性があるが、国士無双だと感じた時には四枚目の牌を探す(四枚目が切られると国士のアガリは0%になる) 


麻雀ランキング

 

ばっしー#4

f:id:TCCdesu:20210626232257j:plain

 

今回もU-NEXTパイレーツ所属・石橋信洋プロの登場した「麻雀の匠 石橋信洋#4」の内容に沿ってお送りします。

ネタバレが嫌な方は、先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/SSiS5GAW94s


前局は親の石橋さんがドラ入りマンズの一気通貫をアガって12000点を加点しました。

一萬二萬三萬四萬伍萬六萬七萬八萬九萬東 ロン東 ドラ三萬 ポン西西西東家手牌


点棒状況は

東家 34000 石橋さん

南家 45000

西家 14000

北家  7000


石橋さんの配牌は

 二萬四萬伍萬七萬四筒赤五筒六筒三索六索東西北中 ドラ九筒東家配牌


この配牌から最初に想像できるのはタンピン(タンヤオピンフ)で、役牌がどれか重なればポンして2900点や役牌を2つポンした5800点のアガリも考えられます。(ダブ東ポンなら5800点)

ガリ形の例は

四萬伍萬六萬六萬七萬八萬四筒赤五筒六筒三索三索五索六索 リーチツモ四索 ドラ九筒

二萬二萬四萬伍萬四筒赤五筒六筒五索六索七索 ロン三萬 ポン中中中

では、東三局一本場・東家の石橋さん目線で進めていきます。

ツモ八索 打西

ツモ東 打北

ツモ三萬 打中

ツモ赤伍萬 打三索

ツモ六索 打伍萬

ここで切る前の手牌がこうなっています。

二萬三萬四萬赤伍萬伍萬七萬四筒赤五筒六筒六索六索八索東東 東家五巡目手牌

ダブ東ポンを見すえたイーシャンテンにしたいので切る牌は伍萬八索の二択になります。
なぜこうなるかと言えば、七萬六萬引きでマンズ二メンツになるのと八萬九萬のくっつきを見るからです。

伍萬切りのロス(損失)は伍萬アンコの時だけで八索切りはカン七索引きをロスするだけです。

マンズは一萬四萬引きで三萬伍萬六萬受けに変化して受け入れが広くなる形を想像してみましょう。
また、八萬引きでも六萬九萬のリャンメン受けに変化します。

このように、イーシャンテンから何を切るか迷ったら、次に何を引くと受け入れが広い形になるか、一歩先や二歩先の手牌を想像しながら打つようにしましょう。
それも鳴きを入れる時だけでなく、メンゼンでリーチする時でも、テンパイ時にどの待ちなら山にあるか、どの待ちなら他家が切ってくれそうか(他家の不要牌)を考えながら手組みすると、アガリ率が上がってきます。


ツモ四筒 ツモ切り

ツモ七萬 打八索

ツモ四萬 打七萬

ツモ三索 ツモ切り

この同巡、対面から東が切られてポンでテンパイ、打7m。

石橋さんの手牌は

二萬三萬四萬四萬赤伍萬四筒赤五筒六筒六索六索 ポン東東東東家手牌

ダブ東・赤2の12000点テンパイとなりました。
待ちは石橋さんから四萬が三枚見えている三萬六萬待ち。

この待ちなら三萬六萬を他家が少し使いづらくなっていて、この待ちが山に残っていれば他家からロンしたり、ツモれる公算がある程度高くなるだろうと推測できます。

特に二着目の石橋さんと20000点差の西家が親のダブ東を切っていて、そろそろテンパイが近い(イーシャンテン以上?)のがわかります。(西家・北家はアガリが欲しい)

ツモ三筒 ツモ切り

ツモ八索 ツモ切り

ツモ赤五索 ツモ切り

↑この時の石橋さんのように、赤牌やドラをツモ切ってきた相手はテンパイかイーシャンテンだと判断していいでしょう。

これは速度的に十分形であるのを現しています。(イーシャンテンだと1つ鳴きを入れたらテンパイやリーチの一歩手前のような形)

三巡ツモ切りを繰り返した後、ダブ東を切った対面から六萬がこぼれてロン。

二萬三萬四萬四萬赤伍萬四筒赤五筒六筒六索六索 ロン六萬 ポン東東東 ドラ九筒東家手牌

ダブ東・赤2の12300点をアガリました。

他家の手牌は

二萬六萬五筒七筒七筒九筒九筒七索七索九索白白白 南家手牌

四萬伍萬六萬九萬九萬二筒三筒六筒六筒九筒五索五索五索 西家手牌

伍萬六萬五筒五筒七筒八筒二索三索四索七索八索白中 北家手牌

ダブ東を切ってきた西家はイーシャンテンで、テンパイ即リーチも辞さない構えでした。
南家と北家はポンの後、あまり戦う姿勢を見せていません。

前局はダブ東タンキ待ち、今局はダブ東ポンでダブ東に助けられているのがわかります。(自力でアガったというよりも他家から出たり鳴かせてもらった印象)

これで石橋さんがトップ目に立ち、親の連荘が続きます。

放銃した西家はラス目(四着)になってしまいました。


今回のまとめ

イーシャンテンから何を切るか迷ったら、次に何を引くと受け入れが広い形になるか、一歩先や二歩先の手牌を想像しながら打つようにしましょう。
それも鳴きを入れる時だけでなく、メンゼンでリーチする時でも、テンパイ時にどの待ちなら山にあるか、どの待ちなら他家が切ってくれそうか(他家の不要牌)を考えながら手組みすると、アガリ率が上がってきます。


麻雀ランキング

けんちゃん#9

f:id:TCCdesu:20210904025451j:plain


今回も赤坂ドリブンズ所属・園田賢プロの登場した「麻雀の匠 園田賢#9」の内容に沿ってお送りします。

ネタバレが嫌な方は先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/QGXJFFxUtos


前局は園田さんのリーチに二着目の上家が12000点放銃して、親の園田さんの連荘となりました。

四筒四筒六筒六筒二索二索七索七索八索九索九索發發 リーチロン八索 ドラ六索 裏ドラ六筒東家手牌


南三局一本場、東家の園田さん目線で進めていきます。

点棒状況は

東家 48500 園田さん

南家 14400

西家 14600

北家 22500

前局、ライバルだった二着目の北家から12000点の直撃を決めて、園田さん一人が浮いている(プラス)状態です。

配牌は

一萬七萬一筒六筒六筒六索七索八索東南白發發 ドラ七索東家手牌


役牌の發トイツでいつでも鳴ける発・ドラの2900点でスピードの早いアガリを目指したり、七萬六筒六索七索八索とあることから、678の三色同順を目指す手もあります。

他にも東南白などの役牌が重なるとポンして発・東・ドラの5800点をアガリにいく可能性もあります。

あるいは、発をポンできなければメンゼンでリーチ・ツモ・ドラの2000オールをアガリにいったりもできます。

ガリ形の例は

七萬八萬五筒六筒七筒六索七索八索白白 ロン九萬 ポン發發發 ドラ七索

六萬七萬八萬六筒七筒八筒六索七索八索南南發發 リーチロン發

六萬七萬六筒六筒六索七索八索 ロン八萬 ポン東東東 ポン發發發


それでは、園田さんの手順を見てみましょう。

ツモ中 打一筒

ツモ二索 打一萬

ツモ八索 打六筒

ここで問題の一打が出ました。
この段階でまだ六筒は切る牌ではなく、頭になるかシュンツになるか、あるいはアンコになる可能性も0ではありません。

園田さんはドラ色のホンイツを見せると言いましたがこの手は2900や5800をアガリにいく手です。
ホンイツになるかどうかもわからないのにソーズのホンイツ狙いはやりすぎです。
以前も言いましたが、ホンイツを狙う時は同色牌9枚+字牌トイツ1つか、同色牌7枚+字牌トイツ2つ以上の時です。
これならどこからでも鳴いていってかまいません。

具体例を挙げると

二索三索四索五索六索七索八索八索八索白發發中 手牌A

一索二索三索四索五索六索七索南北白白發發 手牌B

手牌Aからは一索四索七索チー、三索六索九索チー、八索發ポンのどこからでも鳴けます。(八索ポン時は一索四索七索三索六索九索チーが必要)

手牌Bからは三索六索チー、五索八索チー、白發ポンのどこからでも鳴けます。


ちょっと六筒を切る前の手牌を見てみましょう。

七萬六筒六筒二索六索七索八索八索東南白發發中 東家三巡目手牌

この手牌からはまだブロックを固定する段階ではなく、ツモの様子を見る段階で、ツモの傾向をよく観察する必要があります。
たとえばここに七萬二索六索七索を引いてくればチートイツになる選択も出てきます。
特にドラが重なればリーチ・ツモ・チートイツ・ドラ2で6000オールだってアガれます。

他にはここに東南白中が重なれば、ポンして5800点以上のアガリが見えてきます。

園田さんの六筒切りはそれらの選択をすべて消してしまいかねない一打です。
六筒を切るのであれば、頭が他にある状態で五筒七筒引きでリャンメン受けができた時くらいです。

 


では、園田さんの手順に戻ります。

ツモ六筒 打六筒ツモ切りではなく空切り(ツモ切らず、同じ牌を手出しで切ること)

ツモ七索 打白

とこの同巡下家からリーチが入ります。
リーチの捨牌は

白南九索五索七索南家捨牌

このリーチはすべて手出しで、ソーズの九索五索七索の切り順がちょっと変だと感じます。

理由は五索七索九索と持っていたなら九索七索五索五索七索九索のどちらかになるのが自然です。

七索がドラだから、というのもありますが、テンパイまでドラの重なりを待っていたともとれます。


そしてこのリーチ宣言牌でドラの七索を対面がチー。七索八索九索


さらに上家が切った九索を園田さんがチー。九索七索八索

園田さんの手牌は

七萬六筒二索六索七索八索南發發中 チー九索七索八索東家手牌

ソーズのホンイツを見てのチーですが、実質発バック(発の後づけ)でまだ3シャンテン。
ガリを見るにしても遠すぎる仕掛けです。

そのチーの直後、下家がツモアガリ
その手牌は

二萬三萬四萬赤伍萬伍萬六萬七萬八萬一筒二筒三筒六筒七筒 リーチツモ五筒 ドラ七索 裏ドラ一筒南家手牌

リーチ・ピンフ・ツモ・赤・裏の2000ー4000の一本場でした。


他家の手牌は

伍萬七萬九萬一筒一筒七筒九筒四索五索中 チー七索八索九索西家手牌

三萬四萬伍萬二筒三筒四筒四筒三索三索七索九索南南 北家手牌

手牌をよく見ると、東家は發トイツ、北家は南トイツで役牌ポンから鳴く手になっており、南家は567か678の三色同順もある手、西家は789の三色同順もある手になっています。

これは前回も言った、手役の同時性です。
複数人の手に似たような手役の見える手が入っているのがわかります。

南家の満貫ツモで、南家が二着目に上がりました。(北家が三着目)
園田さんの親が落ちて、次回はオーラスです。