元メンバーの麻雀戦術と打ち方講座

元メンバーの麻雀講座と独り言

ばっしー#7

f:id:TCCdesu:20210508012520j:plain

今回もU-NEXTパイレーツ所属・石橋信洋プロが登場した「マージャンの匠 石橋信洋#7」の内容に沿ってお送りします。

そう言えば今日(リアルタイム)は石橋さんの誕生日だそうですね、おめでとうございます!
これからもイジられキャラとして生きてくだ・・・(略)


ネタバレが嫌な方は、先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/H1A-YqClrG0

前局は

一萬三萬四萬赤伍萬六萬七萬八萬九萬四筒五筒六筒七索七索 ロン二萬 ドラ北東家手牌

親の石橋さんが一気通貫・赤の7700は8600(+1000)をアガって連荘しました。


点棒状況は

東家 57900 石橋さん

南家 35400

西家  400

北家  6000


点棒だけ見ると、石橋さんが二着目に差をつけて一歩抜け出した形になっています。
西家や北家とは点差が広がり過ぎて着順争いにもなっていない状態です。

こうなると二着目の南家への高い手へ放銃に気をつけながら、自分の点数を増やすことを心がければいいでしょう。

東三局四本場・親の石橋さん目線で進めていきます。

石橋さんの配牌は


三萬九萬一筒赤五筒八筒一索四索四索八索南南白白 ドラ三筒東家配牌


配牌ですでに3トイツでもう1つトイツが増えればチートイツを意識します。

ソーズをもっとトイツにするとメンホン(メンゼン・ホンイツ)チートイツ、ソーズをもっと引いて南南白白をポンしたソーズホンイツ、トイツが増えてポンしたトイトイ、ソーズのトイツが増えればホンイツ・トイトイとか、ドラを引けばピンズホンイツ、赤を活かしたチートイツ・赤、ドラがトイツになればリーチ・ツモ・チートイツ・ドラ2の跳満の選択もあります。

ざっくり言ってしまえば、この手はホンイツかチートイツかトイトイのどれかを中心に見ていく手になるだろうと言えるわけです。

あとはシンプルに白ポンした1500点、2900点も。

ガリ形の例は

赤五筒五筒八筒八筒四索四索八索八索南南西白白 リーチロン西

四索四索七索八索 ロン九索 ポン一索一索一索 ポン南南南 ポン白白白


一索一索四索四索八索八索九索九索南南北白白 リーチロン北


一筒一筒三筒四筒赤五筒八筒八筒 ロン一筒 ポン南南南 ポン白白白


これをふまえた上で、石橋さんの手順を見ていきましょう。

ツモ赤五索 打一索

ツモ六萬 打九萬

ツモ七索 打一筒

ツモ七萬 打八筒

ツモ七萬 打三萬

この同巡、上家が發ポン。

ツモ七索 打六萬

となってこの手牌。

七萬七萬赤五筒四索四索赤五索七索七索八索南南白白六巡後手牌

こうなると5トイツでチートイツを意識してしまいます。
メンツ手にするにも必要な三索六索九索を一枚も引いていないのと四索四索七索七索のスジトイツの存在。

いったん、全員の六巡目までの捨牌を見てみましょう。

一索九萬一筒八筒三萬六萬 東家捨牌

北南東北中八萬 南家捨牌

九萬南一索發二筒北 西家捨牌

九筒九索東一萬西白 北家捨牌

四家の捨牌を見比べると、東家と西家の九萬一索、南家と西家の南北、南家と北家の東と、同じ牌を切ったペアが六巡で五組以上の条件に合っています。

よって今局はトイツ場の傾向が強い場だと見ていいでしょう。

上家が発ポンしたのもそれと無関係だと言えません。

ツモ七萬 ツモ切り

ツモ六索 打赤五筒

この赤五筒が上家にロン。

上家の手牌は

三萬四萬赤伍萬四筒六筒二索二索三索四索五索 ロン赤五筒 ポン發發發北家手牌

発・赤2の3900は5100点のアガリになりました。

この上家がテンパイ後六筒をツモ切っていて六筒二索シャボ待ちにも取れるツモでした。(これもトイツ場の傾向が出ている)

ここはドラが三筒でドラ引きにも対応できるように受けたんでしょう。


親の石橋さんと他家の手牌を見ると

七萬七萬四索四索赤五索六索七索七索八索南南白白 東家手牌

三萬一筒一筒二筒三筒三筒五筒八筒九筒三索四索九索九索 南家手牌

二萬三萬四萬伍萬六萬三筒四筒五筒七筒七筒八筒八索八索 西家手牌


と、親の石橋さんは五索六索八索ツモでチートイツのイーシャンテン、南家はイーぺーコーのある3トイツ、西家はリーチ・ピンフ・ドラで高目タンヤオの満貫もあるイーシャンテンでした。


今回のまとめ

・ツモで同じスジの牌を何巡も引かない→トイツ場を疑う

・六巡で四人で同じ牌を切っているペアが五組以上→トイツ場の疑い


麻雀ランキング

けんちゃん#11

f:id:TCCdesu:20210620142512j:plain

今回も赤坂ドリブンズ所属・園田賢プロが登場した「麻雀の匠 園田賢#11」の内容に沿ってお送りします。

ネタバレが嫌な方は、先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/AnLeD-fArfA


前局は下家の親が対面から12000点をアガりました。

三筒三筒四筒五筒六筒二索二索二索四索五索六索六索七索 リーチロン五索 ドラ五索 裏ドラ九筒東家手牌

親が連荘して南四局一本場の北家・園田さん目線で進めていきます。

点棒状況は

東家 34700

南家  500

西家 20400

北家 44400 園田さん

トップ目の園田さんと親の点差が9700点差で親が2600は2700オールツモならトップを逆転されてしまいます。

または親への4800は5100放銃でもトップ逆転になります。

あと、園田さんは西家への12300放銃で三着に落ちてしまいます。


これをふまえた上で見ていきましょう。

園田さんの配牌は

二萬七萬七萬八萬五筒六筒五索六索六索東南南北 ドラ六索東家配牌


配牌からドラ六索がトイツ、役牌南がトイツでメンツがそろえば南ポンから鳴いていきたい手牌です。

南ポンする時に七萬八萬で1ブロック、五筒六筒で1ブロック、五索六索で1ブロックと見ると頭がなくなるおそれがあります。

頭を七萬七萬に取るか
六索六索に取るかでこの手の行く先が大きく変わってきます。

また、他で頭を作れるとマンズでもソーズでも鳴けるので楽になります。

もし南が鳴けなくても北を重ねてポンする手もあります。

あるいはメンゼン役なしリャンメン待ちリーチもあります。

ガリ形の例は

七萬八萬五筒六筒七筒五索六索七索北北 ロン九萬 ポン南南南 ドラ六索


六萬七萬八萬四筒五筒六筒四索五索五索六索六索南南 リーチツモ七索


では、園田さんの手順を見ていきましょうか。

一巡目、上家の第一打南をポンして打東

ツモ三萬 打北

ツモ三索 ツモ切り

ツモ發 ツモ切り

ツモ七索 打六索

ツモ七萬 打六筒でこの手牌。

二萬三萬七萬七萬七萬八萬五筒五索六索七索 ポン南南南 ドラ北家手牌

七萬七萬七萬八萬があり、七萬八萬ターツ+七萬七萬頭で六萬九萬八萬待ちになれば対面と上家が九萬を切っていてこの二人には不要牌、下家が八萬を切っていて待ちにも優秀だとわかります。

あとは一萬四萬受けは端にかかった待ちで、出アガリするには良い待ちで、七筒が一枚切られていて、情報の少ないピンズ受けよりはマンズ受けを生かしたい形です。

西家が早い二萬切りでこれが孤立牌の可能性が高く、一萬四萬なら切ってくれる可能性が高いと言えます。

だから園田さんも五筒六筒ターツはずしを決めたのでしょう。

その直後、下家から親リーチが入ります。
捨牌は

西東中八萬二筒九索
二索東家捨牌

宣言牌の二索から、三索四索のどちらかは持っているでしょう。

園田さんの手にドラ六索二枚見えで、ドラが親に入っても最大二枚、赤が見えてないのは少しひっかかります。
親には放銃しないよう、気をつけながら進めます。

次巡ツモ五筒 打八萬テンパイ

二萬三萬七萬七萬七萬五筒五筒五索六索七索 ポン南南南北家手牌

切る予定だった五筒が重なって一萬四萬待ちテンパイとなりました。

ツモ八筒 ツモ切り


直後親が一萬をツモ切って園田さんがロン。

二萬三萬七萬七萬七萬五筒五筒五索六索七索 ロン一萬 ポン南南南 ドラ六索北家手牌

これで園田さんの南・ドラ2000は2300点(+リーチ棒1000)アガリとなりました。

持ち点は

東家 31400

南家  500

西家 20400

北家 47700 園田さん

で、園田さんが無事トップになりました。

他家の手牌は

三萬四萬伍萬二筒三筒四筒八筒九筒四索四索七索八索九索 東家手牌

一萬二萬三萬四萬六萬六萬赤五筒五筒六筒九筒九筒六索八索 南家手牌

四萬伍萬伍萬六萬七萬三筒六筒七筒三索三索六索北發 西家手牌


全員の捨牌は

西東中八萬二筒九索
二索中一萬東家捨牌

七筒九索西九索九萬白
二筒東 南家捨牌

九萬一筒一筒二萬一索八萬
中 西家捨牌

東北三索發六索六筒
八萬八筒 北家捨牌

今回のまとめ

・捨牌を見ながら相手の不要牌(今回は南家と西家の九萬)を見たり、西家の早い二萬切りで孤立牌の可能性を見て一萬四萬待ちが良いと判断する(つまり七筒一枚切れで五筒六筒ターツが不要)


麻雀ランキング

ばっしー#6

f:id:TCCdesu:20210904025505j:plain

今回もU-NEXTパイレーツ所属・石橋信洋プロの登場した「麻雀の匠#6」の内容に沿ってお送りします。

ネタバレが嫌な方は、先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/Jc43ImdUAy0

前局は石橋さんの親リーチがアガれず流局、一人テンパイで親番続行です。

二萬二萬六萬七萬八萬四索五索七索八索九索南南南 ドラ白東家手牌


流局後の東三局三本場(流れリーチ棒1)・東家の石橋さん目線で進めていきます。

点棒状況は

東家 48300 石橋さん

南家 44000

西家  700

北家  6000

前局でも言いましたが、点棒上では東家対南家のトップ争い、西家と北家の三着争いになっています。

親ができるだけ高い手でアガりたい(南家と差をつけたい)、他家はこの親を終わらせたい、で他家同士でアシスト(鳴かせたり、安手には放銃したり)してもいいから親のアガリだけは阻止したい所です。

それをふまえた上で今局を見ていきましょう。


石橋さんの配牌は

一萬三萬四萬赤伍萬六萬九萬四筒五筒五索七索北白發 ドラ北東家配牌

この配牌から想像されるのはピンフで、あわよくば456の三色同順や567の三色、頭が2~8牌(中張牌)ならタンピン、ドラの北がトイツになれば頭にしてリーチ・ピンフ・ドラ2の満貫以上になって赤や三色もからめば跳満や倍満にもなる手牌です。


ガリ形の例は

一萬二萬三萬四萬赤伍萬六萬九萬九萬四筒五筒四索五索六索 リーチツモ六筒 ドラ北

二萬三萬四萬四萬赤伍萬六萬四筒五筒六筒四索五索北北 ロン六索


では、石橋さんの手順を見ていきましょう。

ツモ九索 打白

ツモ七萬 打發でこの形。

一萬三萬四萬赤伍萬六萬七萬九萬四筒五筒五索七索九索北 ドラ北東家二巡後手牌

ここに二萬八萬のどちらかを引けば一気通貫でドラの北が重なれば一気通貫のカンチャン受けや三筒六筒チーで鳴いて満貫テンパイにも取れます。

たとえば
四萬赤伍萬六萬七萬八萬九萬四筒五筒北北 チー二萬一萬三萬 ドラ北テンパイ形A

一萬二萬三萬四萬赤伍萬六萬四筒五筒北北 チー八萬七萬九萬 ドラ北テンパイ形B

テンパイ形ABどちらでもリャンメン待ち三筒六筒満貫テンパイです。

ツモ九索 打北

ツモ八萬 打五索

ツモ七索 打九索

ツモ八筒 ツモ切り

ツモ六筒 打九索でこのテンパイ。


一萬三萬四萬赤伍萬六萬七萬八萬九萬四筒五筒六筒七索七索 ドラ北東家テンパイ形

一気通貫・赤の7700点テンパイで局が始まる前に言いましたが、二着目の南家との点差を広げたいので、ここはリーチよりも少しでもアガリの確率を上げるダマテンに取ります。

南家の捨牌を見ると

伍萬四萬五筒北三筒一筒 南家捨牌

この捨牌で、ドラ切りは石橋さん他二枚切られたので切った形、マンズとピンズが切られていて、ソーズのホンイツ狙いだろうと想像できます。
南家の手牌が整ってくるとこの後字牌が切られてくるでしょうが、この字牌が場に何枚切れかで相手のテンパイスピードをざっくりと計ることができます。(二枚切れ<一枚切れ<ションパイの危険度)

ツモ中 ツモ切り

するとこの中を下家がポン。

南家の捨牌は

伍萬四萬五筒北三筒一筒
白南 南家捨牌

白南は場に一枚切れで、まだテンパイではなさそうです。

次巡ツモ南 ツモ切り

この同巡、南家が二萬切りで石橋さんがロン。

一萬三萬四萬赤伍萬六萬七萬八萬九萬四筒五筒六筒七索七索 ロン二萬 ドラ北東家手牌

一気通貫・赤の三ハン、7700の三本場で8600(+1000供託リーチ棒)アガリを決めました。

他家の手牌は

一索二索三索三索四索七索九索東東發 ポン中中中南家手牌

七萬七萬三筒四筒五筒七筒七筒七筒八筒九筒四索五索六索 西家手牌

一萬二萬三萬四萬二筒三筒四筒六筒一索二索三索赤五索五索 北家手牌

と、南家はソーズホンイツ・中のイーシャンテン、西家は役なし七萬七筒待ちダマテン、北家はピンフ・赤のイーシャンテンで123や234の三色同順までありました。

南家はソーズを鳴けばテンパイ、西家はリャンメン待ちになればリーチもあったでしょうし、北家は赤もあり、リーチが入る可能性も高かったでしょう。
石橋さんのテンパイが少し早かっただけと言えます。


今回のまとめ

・染め手(ホンイツチンイツ)狙いの人がいる時、その捨牌で手出しの字牌が場に切られている枚数で相手のテンパイスピードを計れる(二枚切れ<一枚切れ<ションパイ)

 


麻雀ランキング

ばっしー#5

f:id:TCCdesu:20210905020553j:plain


今回もU-NEXTパイレーツ所属、石橋信洋プロが登場した「麻雀の匠 石橋信洋#5」の内容に沿ってお送りします。

ネタバレが嫌な方は、先に動画からご覧ください。

https://youtu.be/0RytbXhE9Mk


前局は親の石橋さんが12300点をアガりました。

二萬三萬四萬四萬赤伍萬四筒赤五筒六筒六索六索 ロン六萬 ポン東東東 ドラ九筒東家手牌

今回は東三局二本場、東家の石橋さん目線で進めていきます。

点棒状況は

東家 46300 石橋さん

南家 45000

西家  1700

北家  7000

点数を見ると、東家対南家のトップ争い、西家と北家の三着争いをしている構図が見えます。

ここで誰にとっても、当面のライバルを突き放すようなアガリが欲しい所です。

親以外の三者は、これ以上親の連荘をさせたくない、親は連荘を続けながらアガリを重ねたい。

そんなテーマを持って今局に臨んでいると願います。


石橋さんの配牌は

四萬六萬七萬一筒四索五索五索八索八索南南西北 ドラ白東家配牌

配牌から見ると、このままメンゼンで手組すると、役なしリーチになる予感がします。
ここからタンヤオにするとなると一筒南南西北が不要で全部切るにも最低五巡が必要になります。

ツモの半分が有効牌(手牌で使える牌)だったとしても5×2=10巡かかることになり、これでは他家のテンパイスピードより遅くなるかもしれないのが見えているわけです。

あるいはピンフ狙いにしても、頭候補は八索八索南南の2つあって頭は足りている計算になります。

ピンフ狙いの場合、六萬七萬で1ブロック、四索五索五索で1ブロック、四萬八索八索にくっつけて2ブロック、南南が頭としても、くっつきに時間がかかりそうで、ピンフ狙いでもテンパイスピードが遅くなるだろう、というのは推測できるわけです。

そうなると役なしリーチ前提でメンゼンなら手組することになりそうです。
鳴きを入れるにしても、タンヤオには最低5巡かかり、役牌もまだ持っていません。

あとはトイツが四組以上になったら、チートイツを意識し始めます。

では、石橋さんの手順を見てみましょう。

ツモ八萬 打一筒

ツモ八筒 打北

ツモ二萬 打西

ツモ南 打八筒

ツモ二萬 打五索

ここで石橋さんが五索を切る前がこの手牌

二萬二萬四萬六萬七萬八萬四索五索五索八索八索南南南 ドラ白東家5巡目手牌

打ち手によってはツモり三暗刻を考える所ですが、リャンメン受け固定の打五索とします。

もしこの後六萬七萬八萬のどれかがトイツになったりすれば、チートイツを考えたり、五索切りの所を四萬四索のどちらかにするのが良かったとなるわけです。(トイトイや三暗刻狙い)

あるいはどうしても満貫が必要な場面であれば、リーチ・ツモ・三暗刻の満貫をアガリにいく選択もあります。

石橋さんの手順に戻ります。

ツモ赤五筒 打四萬

ツモ七索 打八索

ツモ中 ツモ切り

ツモ九索 打赤五筒リーチ

で、テンパイした石橋さんはMリーグで見せたものとは種類は違いますが、赤五筒切りリーチ。

その手牌は

二萬二萬六萬七萬八萬四索五索七索八索九索南南南 ドラ白東家手牌

オタ風アンコのアガって2000点の役なしリーチです。

場を見ると、当たり牌の三索六索がすでに三枚も切られていて、残りは五枚。

残り五枚のうち、他家が何枚持っているかは不明ですが、リーチ前から待ちが少し減っていることに違和感があります。

その後

ツモ七筒 ツモ切り

ツモ九萬 ツモ切り

ツモ二索 ツモ切り

ツモ七筒 ツモ切り

ツモ北 ツモ切り

ツモ八筒 ツモ切り

ツモ九筒 ツモ切り

ツモ四筒 ツモ切り

ツモ四萬 ツモ切り

と石橋さんはツモ切りを繰り返し、親の一人テンパイで流局しました。

他家の手牌は

伍萬伍萬六萬七萬三筒六筒六筒八筒一索三索四索六索白 南家手牌

赤伍萬八萬二筒二筒三筒三筒六筒六筒六索東東南白 西家手牌

三筒一索二索三索赤五索六索七索八索九索九索九索東白 北家手牌

手牌を見るとわかりますが、残り五枚の三索六索はすべて他家の手牌にありました。


全員の捨牌は

一筒北西八筒五索四萬
八索中赤五筒七筒九萬二索
七筒北八筒九筒四筒四萬 東家捨牌


九筒北東發發七索
九萬三萬中西七筒四萬
西三萬一筒西四筒四筒 南家捨牌


九萬一索六索三索四萬二萬
七萬八索北五索五筒二萬
一筒八筒九筒九筒四筒 西家捨牌


八萬中一萬一索三萬伍萬
七筒三索發五筒五筒二筒
三萬一萬二筒二索一萬 北家捨牌


今回のまとめ

・配牌から役ありになるかどうかはある程度判断ができる

・ツモ牌の傾向からリャンメン受け、シャボ(シャンポン)受けを決める(トイツ系手役になる時はトイツかアンコだらけになる=リャンメン受けにしない、など)


麻雀ランキング